革の経年変化
革を育てる楽しさを大切にしています
革
革
イタリア・トスカーナ地方に伝わる「バケッタ製法」で作られた植物タンニン鞣し100%で作られた革は、使うたびに色が深まり、使う人によって雰囲気を変えます。

そんな特別な表情を見せる革を厳選しています。日々変化している革の表情は使う人を楽しませます。お客様の手元に届いた革製品は、まだ未完成なもの。時間をかけて、ゆっくりと唯一無二のものへと育てて頂きたいです。
イタリアンレザーを中心に
世界中から厳選した革を使用
革
北欧諸国の寒冷地で育った、きめの細かい最高級の牛原皮、その中でも最高級とされる胴部分(ベンズ)のみを贅沢に使用しています。

知って頂きたい事として、見た目が均一で綺麗な革ではない事です。 革本来のキズや色ムラなどがあります。同じ一枚の革でも場所によって色の感じも違います。
タグ
特別な革
このタグは、法律で禁じられている科学物質を一切使用せず、植物性タンニンのみにより鞣された革であることを保証するものです。ボルサカーサが使う革は「イタリア植物タンニン鞣し革協会」の証明書が付くものとなります。
バッグの内装は生地を使い 仕立てることで
丁寧な作りを大事にしています
革
表面から見える革にこだわる事はもちろんのこと、さりげないところではありますが、内装の生地にもこだわっています。 本来は洋服の表地に使う生地をバッグの内装に使用することで、他にはない特別感が生まれます。 同時に使い勝手も良くなります。内装に生地が貼っていないと、革の粉が荷物についてしまう事があります。 また内装にファスナーポケットやオープンポケットなど内装に生地が貼ってあるからこそ出来る事がたくさんあります。 ボルサカーサでは内装の生地も大切にしています。
真鍮の金具
革
金具は真鍮生地のものを選び、使用しています。 真鍮素材の金具は革と同様に、使い込むほどに経年変化してきます。 金具単体で見ても雰囲気のあるものを厳選しています。
糸の種類
革
ステッチは、糸の太さ・配色など、バッグのデザインの一つです。 ボルサカーサが使う糸は、ランドセルにも使われる品質を徹底的に追求した「皮革用ミシン糸の本格派」と言われる糸です。 絹の風合いがあり、抜群の強度があります。

ボルサカーサでは手縫いと同じ太さの「極太糸 0番」「太糸 5番」をメインに使用しています。