メンテナンスとアフターフォロー

メンテナンス

毎日使って頂くことが最高のお手入れです

革製品は、出来る限り毎日使っていただくことで、革が馴染み風合いも増していきます。この毎日使って頂くことこそが、何よりも大切なお手入れ方法だと考えております。 ボルサカーサが使う革は、作り手の私たちが直接見て確認し、納得のいくものだけを使用しています。大前提として、使い込むほどに経年変化が増し、革の素晴らしさを感じとって頂けるものを使用しています。それこそがまさに、使い込んでいくうちにあなただけの色に変化していきます。 また、革製品のお手入れは少し大変というお声を聞くこともあります。しかしそれは革によって全く違います。ボルサカーサで使う革は、革を作る段階でたっぷりとオイルを含ませてありますので、オイル塗布は不要です。逆にお手入れは何もしないで下さいとお伝えしています。可能な限り毎日でも使って頂くことが最高のお手入れです。 もちろんイタリアンレザーにもオイル塗布は不要です。充分にオイルを含ませて仕上げていますので、 オイルメンテナンスは必要ありません。布で乾拭きしていただくだけで綺麗なツヤが出てきます。通常使いで、革を楽しく育てましょう。

修理について

アフターフォロー
丈夫で長く使えるモノ作りを心掛けていますが、どうしても修理が必要になる時もあります。 お使いの製品を確認させて頂き、その状態に合った方法で作り手が丁寧に修理いたします。 ボルサカーサは使用年数に関わらず、お使い頂く限り、出来るだけの修理をお受けいたします。 メンテナンス依頼は、お電話もしくはメールにてご連絡ください。 その後、修理内容、修理費用、期間等をご確認いただいたうえで、修理に取りかからせていただきます。

お客様で対応して頂ける、よくあるお問い合わせ

お客様ができること

糸がほつれたら...

ほつれはじめの糸をハサミでできるだけ短く切り、その糸先をライターで素早く焼き溶かし、軽く指で押さえて下さい。そうすれば糸のほつれが固定できます。
※革やステッチを焼かないようにご注意ください。

色落ちについて...

より自然のままで革の仕上げを行う為、染色もまた昔ながらの自然素材による手法を用いています。この方法こそが、良い革を作るためには欠かせません。 しかしながら、その為に摩擦や水濡れ等によって革からの色移りが発生することがあります。
※淡い色の衣服でご使用いただく際には、色移りにご注意ください。